鹿児島 枕崎 釣行記(修行の旅)

鹿児島 枕崎 釣行記(修行の旅)

2017年3月、枕崎乗っ込み石鯛をイワすために、枕崎海星丸星田船長と相談。
当初、3月最終週を計画しましたが、荒天にて断念。

4月、当初3~7日を計画しましたが、これまた荒天にて断念。
せっかく、12時間かけて往復8万円かけて行くのですから、2日間でも出船出来ないと厳しいのです。

そして、17日~21日の計画も荒天の為、断念。

そして、24日~27日の計画が、20日にやっと確定しました。


23日、AM9時関西を出発。
これから一人で数日間の旅が始まります。
今年こそは、弩級をいわしたる!!!と、鼻息荒く、力みすぎて屁をこきながら、pm9時前に枕崎到着。

船長に、枕崎到着したので、明日の弁当購入してから船長の店に顔出しますわ~♪っと電話すると・・・
「あ・・・明日の弁当買わずに店に来てくれます?・・・・・」   ←めっちゃ怪しい(;一_一)

店に顔をだし、約5カ月ぶりの再会で嬉しくなりましたが、、、
「すみません。。。明日から3日間出船出来ません(>_<)」  ←はぁ???(@_@;)
「代わりに、隣の船おさえときましたので一緒に行きましょう!」
と言うことで、着いて早々に気分はダダ下がり。

「そこの港、釣れてますから!!」と元気づけてくれますが、僕の場合、釣れてる場所に釣りに行くのではなく、自分が決めた場所、渡船、磯で釣りがしたいのよ!と力説してしまいました。
でも仕方がないので、3日間船長のお世話になる事に。

24日am6時(松風渡船利用)
P4240609.jpg
久志 松風渡船にて
船長、、、なんか楽しそうですね(^^)

港を出港して北西に走ると、ヘタ大瀬が見えてきました。
ここで、松風さんから名前を呼ばれますが、どう見ても上げポイント。
今から下げが入るはずやのに大丈夫なのか??
P4240610.jpg
とりあえず、手持ちで色々探りますが、サルボすら取られません。。。

こりゃアカンなぁ~~と、竿受けに置いたままボーっとしてたら、いきなりブッスゥ~~~~~
あわてて竿を引っこ抜いたら、ピトンごと抜いてしまい、約8万円のピトンが海の中にポチャ\(-o-)/!
魚も針抜けてアデューー  最悪や オワットル なんでやねん と、一人で2時間は切れてました(-"-)

その後アタリも無く、スーーーパーーーパー---フェクト! ぼ・・・・う・・・・・・・ず!!!

25日am6時(妙丸渡船利用)
P4250612.jpg
久志で一番良いと言う、底物師の憧れ 沖双子瀬
ここ、垂直に切り立った磯で、根がかりすると切る時めっちゃ怖いです。高さは7m~9m。
隣の磯で、50そこそこの石鯛釣ってはりました。
同じタイミングでガキがスレで上がってきたときは、恥ずかしくて恥ずかしくて死にそうでした。(+o+)

ここでも、アタリを引くことも無く、2連荘パー---フェクト!ぼ・・・・・う・・・・・・・・ずっ!!!


26日荒天の為出船不可
P4260616.jpg
星田船長と枕崎観光。
am10時~ 船長の知り合いの店で、オイルマッサージ(皆さんの大好きな、エロでは在りません)
pm12時~ 枕崎名物 船人飯を食べに
pm13時~ 枕崎の海岸線を走り色々と磯や海を見て回ります。
P4260617.jpg
pm15時~ 知ってる人は知っている、坊岬手前のチンコ波止が見える喫茶店で、明日からの相談をしていました。
pm17時~ 船長の店に行き、引き続き作戦会議

会議内容
ボー「明日で最終日やけど、どこいこかな~・・・」
船長「明日、隣の渡船出ませんので、普段は行かない、坊岬灯台の辺まで見に行きましょう!」
ボー「その辺ええとこあんの?」
船長「その辺、実は、モンスターハウスなんですよっ!!!」
ボー「なぁぁぁぁにぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!!」
船長「しかも、フリーゾーンなので、居たいだけ居てくれてもかまいませんっ!!!」 ←悪魔のささやきw<`~´>
ボー「ちょっと待ってて。嫁はんに電話するわ。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
嫁はんに許可を取り再度
ボー「船長!明日朝から日曜まで72時間釣りするわっ!!!」
船長「え・・・・・(@_@;)。ずーーーーっと磯に居るんですか?」
ボー「おう。よろしくね♪」

てなわけで、27日am6時出航
P4270618 (2)_1
他の渡船客を全て降ろした後、船長に1時間ぐらい色んな磯に着けてもらい足場を確認したり磯の様子を見たりと、楽しかったです。
結果、坊岬灯台下のイデアナに渡礁する事にしました。
潮が高かったので、最初は裏に着けて荷物をおろし、裏から開始しました。
P4270620.jpg
左前に見えてるのが、坊津の名磯 大鮫瀬
P4270621.jpg
左前水道向こうが、トンガリ山の名磯 カマフタ

裏でやりますが、いまいちでしたので、荷物を担いで表向きに移動。
P4270622.jpg

P4270623.jpg
くそみたいに重たい荷物を、ニヤニヤしながら運ぶ姿は、人に見せられるもんでは在りません。

荷物も移動し、サルボで打ち返しますが、かなり活性が高いです!
P4270624.jpg
P4270625.jpg
P4280631.jpg
その他、モンガラ、イシガキフグ、見た事無いハゲ
このサイズの雑魚を、数えられん位釣りました。

10時頃やったかな?
クエ竿の方に、ホンダワラが巻き付いてましたので、竿持って外そう~~っと、その時!
ズギュ-------------------ン!!!  恐ろしいスピードで、2代目小次郎がブッ刺さり
あわてて竿を抜いて、フンガぁーーー!と竿を起こして巻き取り開始!メキッ!?・・??・・・???(゜o゜)
ギヤがとんだ様で、ハンドルが巻けない\(-o-)/
どないする?どないする?と考えましたが、糸を手に持ち手繰る事に!!
が、、、時すでに遅し(>_<) 瀬に回り込まれてウントモスントモなりません。
30分くらいは、どないかならんもんかやってみましたが、あきらめて切りました。






ちなみに、地元の人は、坊岬灯台から断崖絶壁を降りてきます。
P4280636.jpg

P4280637.jpg
断崖絶壁にロープが垂れてるのわかりますか?





その後、アタリは無く、夜釣り突入。
P4280627.jpg
良いサイズのウッチーが連発します。

昼間に釣った、30弱のオジサンを泳がせていると、チャリンチャリン♪チャリンチャリン♪チャリチャリチャリチャリッ!!
ズッボーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!
おおおおおおお、刺さったーーーーーーーーーーー!\(゜ロ\)(/ロ゜)/

                }3秒間

ふわっ!?
え?
なんと、針がかりせずに竿が戻ってしまいました(T_T)

何事も無く、夜明けを迎えました。

28日朝
P4280628_20170503091152370.jpg
昨日、Z40壊されたので手持ち用のZ30で挑戦。

この日も、7時30頃やったかな、間違いなく石物の走り方でデカいの掛けたんですが、道糸を飛ばされました。
ホンマにツイテないわ。
その後夕方までアタリなく、夜釣りに突入。

pm8時頃
どどどどどどどどどどーーーーーーーーーーーーーーん!!!
\(◎o◎)/!
きょ、強烈なウネリが(-_-メ)
P4280638.jpg

P4280639.jpg
あわてて荷物を上にあげてロープを張りました。
P4280641.jpg
やばい、ヤバい、ヤバイ。これはヤバい。
しかも、なんか磯が揺れてる??(後から大隅半島沖で地震が在った事を知りました。枕崎は震度3)
これは、最悪、道具捨てて、隣の磯に飛び移らなアカンなぁ・・・と磯のてっぺんで朝方まで、20m近い北西風に相談しておりました。

P4290643.jpg
お山のてっぺんの△に一晩中しがみついていました。
クーラーの上まで波が来てましたので、なんとか、29日の夜明け(干潮上げ3分)を迎える事が出来、良かったです。

P4290648.jpg
今日は、ラパンさんが夕方来てくれますので、それまでここで頑張りましたが、見ての通りの洗濯機状態(+o+)
お手上げでした。

29日、pm5時、海星丸がラパンさんを乗せて磯にやってきました。
この時、すごく安心しました。  オレ、生きてるやんww

ラパンさんと、ビシャ、笠瀬、笠瀬内側、赤瀬等見て回りましたが、結果、昨日の事もあり安全を考えて、黒瀬へ
P4290655.jpg
ここでも、うねりは入って来てました。

P4290656.jpg
30cm強のオジサンを丸呑みするウツボ祭りを味わい、長かった72時間磯の上生活が終了しました。


30日am7時、港に帰り、3時間寝て、船長の店に行き、焼き肉を腹いっぱい食べて帰路につきました。
熊本の工事が終了していたのと、南薩縦貫道が枕崎まで開通したのとで、通常11時間かかるところが、10時間程で帰る事が出来ました。

遠征中、応援、心配してくれた、ABさん、そーさん、コロ田さん、有難う御座いました(^^ゞ
最終日、2m以上のうねりの中を拾いに来てくれた、兄弟分のラパンさん、有難う御座いました!(^^)!
1週間、僕のお守りをしてくれた、海星丸 星田船長、本当に有難う御座いました<(_ _)>


僕の旅は、続きます。




使用材料
・24日
赤貝10kg
・25日
サルボ10kg
・26日
アロマオイル200cc
・27日
サンマミンチ10kg、冷凍メジカ20本、冷凍イワシ5kg、サルボ10kg
・28日
キビタレ15kg、冷凍サバ5kg、ヒイカ30杯、サルボ5kg
・29日
キビタレ15kg、冷凍サバ5kg、サルボ5kg

使用道具
・剛心竿2代目小次郎
・剛心竿初代武蔵
・幻覇王クエ483H
・トーナメント石鯛Z40 NA26号
・トーナメント石鯛Z30 NA22号
・セネター6/0 シーハンター50号
・手研ぎ石鯛18号
・改良カジキ45号
・ケプラーノット25号、36×7ワイヤー
・37本撚り#33ステンレスワイヤー

スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

NoTitle

キーやんさん

漢のロマンw
僕の大好きな言葉ですww

急な天候荒天は、焦りますよねぇ〜(T . T)
僕ももちろんビビります(^^;)

恐い気持ちが無いと、危険だと認識していますので、過信せず、いつでも緊急避難できる対策はしていますので、御安心下さい。(^-^)

漢のロマンですな~!

ボーさん、ホンマお疲れ様でした!
72時間ぶっ通し・・・。OML 私には絶対無理です!!
しかも、急な荒天ウネリ!?しかも真夜中独りぼっち!おまけに地震まで!
はっきり言って、私なら、お〇っこちびってますわ~!f(^^;

まあ、この釣行記を読ませて頂くだけでも、釣技団に入会させて頂いている
値打ちがあるってもんです!

これからも、漢のロマン釣行見守らせてください!但し、安全第一で、命だけは大切に!

NoTitle

T中君

だ〜か〜らぁ〜〜
全然ハードじゃ無いって(^-^)
せやね〜、あの波止6年前に発見して、仙人に教えたから、T中君も行ってるんとちゃうかな?


ここからは、真面目な話ね

坊岬灯台付近は、降りれる一級地磯が沢山ありますけど、釣技団会員は、原則渡船利用以外は釣行禁止です。
僕の一存で決めました。

地元の方が、1時間以上かかる道のりを、ナメたらあきません。
地元の方が、知ってるだけでも数人死んでますと言う難所です。
最終日に地元のルアーマンが降りて来て、色々話をききました。

ちなみに、僕が通しで磯におると言うた時、言うといた方が良いのかなぁ〜・・・

怖い話も聞かされました。

T中君は、経験も実績も豊富やと思っています。
決してナメていないのもわかっています。
それでも、ダメです。

もし行く時は、誘って下さい。
渡船利用で一緒に行きましょう(^-^)

NoTitle

めちゃくちゃハードな釣行ですねv-12僕には到底真似できませんv-11

喫茶店から見える磯にはラパンさんと鹿児島行ったときに平狙いに入ったような?それにしても坊岬灯台から磯に降りれるんですね♪なんとも楽しそうな風景ですね( ̄ー ̄)いつかチャレンジしてみます(笑)

NoTitle

ツインパさん

想像以上の波でしたw

弩級を獲る難しさもそうなんですが、まず、狙った魚を釣るのが難しいです(^-^)
僕なんか、まだまだ半人前ですので、もっともっと経験を積んで、いつかは弩級を仕留めたいですね(*^^*)

お疲れさまです~

なんか想像以上にタイヘンやったみたいですねぇ~

( ̄▽ ̄;)

しかし、なんの魚にせよ弩級を獲るってのは難しいモンですね
万事ぬかりのない体制で行ってるボーさんでも獲れないのが居るんやから、魚釣りは奥が深いですわ

とんでもない一発、期待してますよ~

(* ̄▽ ̄)ノ~~ ♪

おおきに!

さだお君

おおきに!(^-^)
これで弩級釣ってたら最高にシブいんやけどねー
これがなかなか難しいのよ、、、

次、6日7日と中泊言うてたね🎶
頑張って銀ワサ言わして来てや〜

僕は、7日8日と和歌山へ行く予定です(*^^*)
その次は、15日の週に高知へ行く予定です。

6日雨降るから雨具用意して、7日北西吹くから南向きで竿出しやっ!
頑張って!!!

しぶいっす!

最高にシブいです!
磯耐久レースお疲れ様でした!!
僕も6日7日と中泊釣行なので、デカバン取ってきます(笑)

NoTitle

ラパンさん

兄弟!お疲れ様でしたっ!!

ほんまに楽しかったのよw
なかなか人生で命懸けでできる事って無いですやん(^-^)

あのウネリは、高知で沖ノ島や鵜来島に向かう船では普通です(>_<)
干底でしたので、波高も2.5m位やったと思います。
夜中の満潮時、新月の大潮で潮位267+風波+南のウネリで、ホンマに10年ぶりに恐怖を感じました。
この夏、一緒に経験しましょう!
人生、一度は経験ですよ!!

充電器w
あの初期電池w
あれは役に立ちませんねぇ〜〜
ラパンさんが、エボルタ購入してくれなかったら、瞬殺でしたw

さて、シークレットポイントですが、西の坊津瀬割境界から
イデアナ→ビシャ→ビシャビシャ→笠瀬→松島→平瀬→犬戻り→吹崎離れ→吹崎となります。

普段は海星丸は行かないポイントですが、もし北西風が吹いて、坊津の渡船が出船しない時は、お願いしたら行ってくれるかもしれません。
いずれも一級磯ですので、機会があれば挑戦してみて下さいね(*^^*)

NoTitle

コロ田さん

お疲れ様です(^-^)
う〜〜ん、色んな意見で想い出に残る釣行となりましたね( ̄∀ ̄)
ほんまやったらコロ田さんと、この経験をしていたはずですが、共有できなくて残念です。

ただし、遠征中、毎日電話で応援してくれて、ほんまに感謝しています!


お疲れ様でした‼

ホンマにお疲れ様でした。
現地である程度聞いたのですが、こうやって文章と写真で読み返すと妄想仙人は風景とボーさんの表情が改めて浮かびニヤケながら読ませて貰いました。

これを楽しむ変態なんてボーさん一人かも⁉(爆)
これが時の人の全貌(笑)

星田船長も楽しめたようで良かったです❗

ラパンはあれ以上のウネリやと遠慮しますよ、絶対に。ボーさんや無ければ断ってましたよ、エボルタ~知らんがなって(爆)

でも、この経験はラパンにとっても非常に勉強になり良かったです❗

また行きましょうね‼
勿論ウネリがほどほどな時に(笑)

船長にボーさん拾う前にラパンさん船酔い大丈夫~って心配されるほど実は揺れてました‼
今だから笑えますwww

ラパンは実はビシャビシャが気になって攻めたい候補になってます(爆)

おつかれどしたwww

長期遠征、おつかれどした(^O^)/

なんと、ま~!トラブルだらけ・・・・・予想外どすなwww

違う意味で・・・・・忘れない釣行になったぬっ(-。-)y-゜゜゜


身体が大丈夫で、なによりどす!


なんか・・・・・阿尾の小浦崎であじわった・・・・・

うねりともなう波5mのち7mを・・・・・思い出したどすwww

NoTitle

ABさん

さすがに1週間行くと、端折って書いてもこれぐらい長文になりますね〜
毎日が楽しくて、行けるなら1ヶ月でも磯の上に居たいです。

実は、波予報は1.5mでしたので、僕も船長も、このウネリは予想外でした。
船長に迎えに来てもらっても良かったのですが、この大シケの中を操業してもらうのも危険ですし、何より、迎えに来てもらっても、海に飛び込んで引き上げてもらわないと、船を着けるのは無理ですので、朝まで辛抱しました。

南海の海は、1時間で激変する事は知ってましたので、早めにロープを張って出来たのが、良かったのかと思います。

次は、1週間、磯の上生活にチャレンジしてみたいと思います。
ご一緒しましょうか?(。・ω・。)

NoTitle

長文、全て読ませていただきました(笑)

僕なら、こんなけ連続で釣りしたら記憶が飛び飛びになって文章になりませんわ。

まあ、いろんな経験もよろしいが安全第一でお願いします!
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索